人気の韓国ドラマで翻訳会社を活用する|制度は業者によって異なる

ウーマン

ハングル対応ができる業者

韓国語

実績に注意

独特の見た目をしている韓国語は専門の翻訳会社で日本語にしてもらえます。近年は韓国ドラマがたくさん日本に入ってきているので、文体を翻訳してもらう時に重宝するでしょう。また日本で売っている書籍を韓国で売りたいときにも活躍するのです。しかし業者に依頼をするときにはチェックしておくべきところがあるので注意しておきます。というのも韓国語は普通の中国語とは違い独特のハングル文字を使用するのです。これにより対応できるところは結構少なくなります。少しでもミスを減らしたいときは実績を重視して選定するのが良いです。実績のあるところだとより原本に忠実な翻訳をしてくれるのでミスもほとんどないといえるでしょう。業者の実績はホームページに記載されている場合がほとんどになります。

大体の相場はどれくらいか

翻訳をしてもらう時に気になるのが料金設定になります。各サービスによって大きく変わりますが、基本的に日本語を韓国語に翻訳するときの方が高くなっているのです。安いところで10円くらいから20円くらいの相場が多いといえます。また韓国語から日本語への対応も可能で、こちらは12円くらいから15円とあまり価格幅はないです。また言語の変換と言っても幾つかのジャンルがあって一般的な本の翻訳であればそんなにはかかりません。しかし技術翻訳やマニュアル、医療関係のものだと知識が必要になるので高いです。専門業者に見積もりをしてもらい料金を確認する方法もありますが、その際には無料で見積もってくれる会社を利用しましょう。

企業の多言語への対応

レディ

多言語での情報配信は世界に向け瞬時に有益な情報を伝達させる上で不可欠なものです。その為、様々な企業が自社アピールするために翻訳のサービスを活用しており、翻訳会社も利便性に優れた多種多様なサービスを提供しています。

もっと見る

専門特化の業種

勉強道具

マニュアルや取扱説明書の翻訳は高い語学力だけでは不完全なのです。これに専門知識があってこそ完成度の高い翻訳ができるようになるのです。専門に実施している会社では、事前にルールガイドや用語集などを準備して統一感のあるマニュアルを作成しています。

もっと見る

海外展開で必須のサービス

ウーマン

海外向けの契約書の作成は、翻訳業者に任せるのが普通です。翻訳業者は正確で素早いサービスを提供しており、企業の間で人気になっています。そして、契約書の作成は失敗が許されないことも翻訳業者の人気の一因です。

もっと見る